前の5件 | -

吟友工房の『アルジェント』モデル 計り知れぬポテンシャルと唯一性 [工房系オカリナ]

新年明けましておめでとうございます!

久し振りのブログ投稿となります



待ちに待った『ともちさん』のアルジェントモデルが到着してから・・1ヶ月以上経ってしまった


仕事に忙殺されてしまってレビューが遅くなってしまったことをお詫びします


さて、ともさんの「吟オカリナ」はこのアルジェントモデルで4本目(全てAC管)となる


僕も過去ブログに何度かアップしてきたが、現存のオカリナ作品に於いて『先進性と安定性+オリジナル性(+コスパ)』の観点から、既にトップクラスである(図抜けている)


近年の料理界や職人の世界は『弟子入りして何年も修行し、やっと独立』的な古典的師弟関係スタイルが良い意味で崩れつつある


ともちさんは決してオカリナ制作歴が長いわけではない


センス+探究心、努力によって「これだけの素晴らしい作品」を短期間でこの世にプロダクトできる才能は素晴らしい!


ある意味、オカリナ界の常識を覆す、近代的スタイルと言えよう


前置きが長くなってしまったが・・


このアルジェントモデル、万人向けのバランサーオカリナとは対極にある、『振り切った』オカリナであることを最初に言っておく


IMG_0278.jpg


このオカリナは間違いなく『人を選ぶ』


僕のイメージだが、近い+比較すべき作品(AC管)は①亜音プレリュード、②ティアーモ・黒陶ソロモデル(大沢選定)<廃番>、③ヨシツカ、④子雷フォルテ・・となる


ある意味、パワー&ソロ系に分類されるわけだが、単にボリュームと音の前進力を稼ぐだけの作品ではない


特徴的なのはとてつもなく『分厚い内面』だ


一般的なAC管内面の5倍?以上の肉厚感覚である


全体サイズもカナリ大きいのだが、瓦焼き焼成のため「想像以上に軽い」


IMG_0279.jpg


そうは言っても『ティアーモ・黒陶モデル』より、100グラムほど重い(アルジェントは約400グラム)


さて、この内面の驚愕的厚みは、ストレートに深い響きへと変換されていく


『肉厚+大きさ+焼成の質』が豊かな倍音を生み、味わい深くかつパワフルな音色を押し出していくのだ


息圧と息量は感覚的には『ティアーモ・黒陶ソロ』と『子雷フォルテ』の中間だろうか


IMG_0280.jpg


当然だが中途半端な息圧では、このアルジェントは『鳴ってくれない』し、とても味気ないない音色になってしまう


さて、その響きの質であるが・・音に明確な芯が存在するが意外にも『すっきり+キレイめ』系だ


少なくとも『和的』ではない


音の濃密さは『亜音プレリュード』と同等であり、アルジェントの方がやや音色が明るめである


響きの感覚(倍音を強く感じられる)は、アルジェントも十分スゴイのだが『ヨシツカ』が突き抜け過ぎか?


IMG_0281.jpg


パワー系+安定系オカリナは一般的に「表現力が乏しい」とされているが、アルジェントはしっかりと息圧をかけての『豊かな表現力+コントロール性』を見事に両立している


さて、烏滸がましいがいきなりの総合的評価である


この管の価値は「安定した強い息圧+技術力」ないと引き出すことが出来ない


そういった意味ではフルートやトランペット等の管楽器経験者が有利ではある


しかし、単なるパワー系の息を吹き込むだけでは「響き」をこれまた引き出せない


つまり、腹の底から強烈な「裏息」を安定的に送りこむ必要があるのだ


それが可能であれば(奏者として)、この世で唯一の「パワーと響き、そして表現力」を両立したオカリナとなる


IMG_0282.jpg


具体的なイメージで現すと、亜音プレリュードと子雷フォルテのいいとこ取り、というか両オカリナの持ちうる特性がブラッシュアップ+融合された最強モデルということである


誰にでも薦められるオカリナではない


この計り知れぬポテンシャルを持った孤高の存在・・『アルジェント』


あなた次第では『オカリナのストラディバリウス』へと昇華させることが出来る・・かもしれない


僕はそうしたい!!

そしてこの作品に出会えたこと・・感謝しかない



コメント(0) 
共通テーマ:音楽

君塚さんの「Kimi no オカリナ」はディテールも音色も超絶美人だった! [工房系オカリナ]

君塚さんが鈴木先生(ひぐらしオカリナ)に師事されてオカリナ製作を始められたという情報をSNSで知った。フルート&オカリナプロ奏者である君塚さんと鈴木先生が長年培われてきた製作ノウハウがどのようにコラボレーションするかがとても楽しみだった。


オカリナ界では良く著名演奏家のネーミングモデルが販売される。しかし「演奏家が自ら土に触れて製作」したハンドメイド作品では全くない。残念ながらそれらは商業主義優先+ブランディング販売のよくあるパターンに過ぎない。


この「Kimi  no オカリナ」は君塚さんが鈴木先生の下で、真剣にオカリナ製作を学び&実践された「正真正銘」のコラボレート&ハンドメイドオカリナであることを強調しておこう。


巷で流通している「奏者ネーミングオカリナ」とは全く「性質」が違うのである。


プロ演奏家としての経験値を自らの楽器に『還元&反映=製作』するというのは、ある意味理想形ではないだろうか。


さて、本題である「Kimi  no オカリナ」のファーストインプレッションである。

3BEF5C85-F4AE-445F-9854-A0582FF850B7.jpeg

いつもの僕であればまずは「音質」から語るべきところなのだが・・本オカリナは「ディテールと漆塗り」の美しさがとにかく際立っている。所謂『超絶美人』なオカリナなのだ。一眼見た瞬間「側に置きたい!」衝動に駆られ、試奏もせずにお持ち帰りしそうになった自分に驚いた。

1E140416-BC4E-4284-9044-EF5BC8CB5E83.jpeg

鈴木先生の「ひぐらしオカリナ」は数本持っており、その特徴はある程度理解してはいる。本オカリナを両手でポジションを取った瞬間に「女性の細やかさ」が感じられた。トーンホールの大きさや位置、全体形状が手の小さい女性の方でもハンドリングがしやすくなっている。かといって男性が手に取っても問題は全くない。漆塗りの質感も相まって、とにかく手に良く馴染むオカリナだ。

570F796B-B360-41F4-B9D1-E0898233CE7F.jpeg

さていよいよ「音質&音色」である。

鈴木先生に師事をされ、製作されたオカリナではあるので音色の特徴は大きな括りでは同傾向にある。


本オカリナ&ひぐらしオカリナも音色を決める大きなポイントでもあるのが歌口の形状とエッジの精度だ。両オカリナの歌口形状は『やや楕円に近い丸型』である。この形状は『火山系』の特徴でもあり、今では少数派になりつつある。(現在はピエタが直系)

このタイプは「土」の素朴さをストレートに反映する柔らかく丸い音色が特徴だ。しかし、息の入れ方や奏法にテクニックが必須であり本来は演奏難易度が高い。


ひぐらしオカリナもそうだが、本オカリナは土の香りをしっかりと保ちながらも、万人が吹きやすい工夫がなされている。優しい息を入れてあげるのは基本だが、テクニカルなことを意識することなく低音から高音まで無理なくクリアな音が出せる。

特に高音部は真っ直ぐな構えでも息遣いをちょっと注意するだけでとてもクリア&心地よく響いてくれる。


僕が入手した『漆AC』は『墨モデル』と比べると音の輪郭がより明確であり、柔らかさの中に煌びやかさが存在する。とにかく心地良い音色だ。まさに「和洋折衷の良いとこどり」だ。

「墨モデル」はより素朴な土の音色を持っており、和的なテイストを好まれる方はこちらを選ぶと良いだろう。

66E02541-B62C-483A-BC79-D3958EEFE775.jpeg

あと、重要なポイントを一つ!火山系オカリナの特徴でもあるが本オカリナも『裏息』=「喉奥を広げ暖かい息を優しく押し出す(唄うように)」を駆使することにより劇的な響きの広がりと表現力が生まれる。なので『Kimi no オカリナ』は上級者&プロの方から初心者の方までオールラウンドに活用出来るAC管である。


漆塗りの本オカリナは飾って置いても心が浮き浮きする。吹けば応用力抜群のオールラウンドオカリナだ。

AD80CDEB-5B00-41B7-BEAC-CE974A0955B8.jpeg

嫌らしい言い方かもしれないが『超コスパ』+『性能』を併せ持った素晴らしいオカリナである。


もちろんだが、自信を持って誰にでもおすすめ出来るAC管だ!


君塚さんの努力と鈴木先生のノウハウが結実した素晴らしい作品でした。


おめでとうございます  &ありがとうございました(^o^)


コメント(2) 
共通テーマ:音楽

MHaudioのミニマルでスタイリッシュなサウンドシステム [オーディオ&BCL]

僕は各方面(価格com他)で『ポータブルオーディオの評論』活動もしています。音楽配信ビジネスやFMラジオ局の経営に携わってきた事もあり、音楽、そして「音質」そのもの』に人並み以上の拘りを持っていたりします。


自らオーディオ製品を購入し(メーカーからの貸出品は受けない主義)のべ260機種ほどを今もWeb上に辛口公開中です!(ペンネームは秘密)


さて、ここからが本題・・

都心のマンション事情だと『本格的なスピーカーシステム』でのリスニングが極めて難しくなってますよね。(大音量はもっての外)ところが昨年・・・衝撃的ミニマルかつ本格的なハンドメイド・オーディオシステムに出会い、9年ぶりにアンプ+スピーカーシステムを自宅で復活させてしまったのです!


僕を大決断させたその製品は・・


世界最小のオーディオカンパニー、長野県、富士見町に設立された『MHaudio(星野代表: https://www.mh-audio.com』が開発した以下のオーディオシステムになります。


基本構成は「UA-1」超小型真空管(ハイブリッド)アンプ+「WAON」とネーミングされたCDサイズ台のウッド筐体(僕は素材を竹で注文)スピーカーというシンプルな組み合わせ


5EAF9168-236D-408B-B887-CAE1519C53BB.jpeg

僕は加えて、専用スピーカスタンドと各種ケーブルもセット注文しています。


ずばりこのシステムの特徴ですが、マイクロサイズ(アンプ+スピーカー)ながら繊細かつリアリティ抜群の「ピュア・オーディオサウンド」を紡ぎ出してくれる事です。巷のカジュアルBluetoothスピーカーとは一線を画するというか、比較する事自体が烏滸がましいレベル^^;


市販のミニサイズスピーカーだとニアフィールド&小音量で聴くと音場も狭くなり、音の輪郭もボヤけてしまうものです。しかし、このシステムは小部屋での小音量リスニング、店舗(中?大スペース)でのBGMサウンド共に素晴らしいバランス+高音質で聴かせてくれるから驚きなのです♪


真空管アンプというと単純に「柔らかい音&パワー不足」というイメージを持たれる方(経験の無い方)が多いのではないでしょうか。この「UA-1」は入力信号(音楽)を先ず真空管で増幅し、最終的に半導体(トランジスタ)アンプ部で出力を上げるハイブリッド設計になっています。

真空管アンプの特徴で在る「音の柔らかさ、まろやかさ」とソリッドステート(半導体)のクリアさと力強さを併せ持った『いいとこ取り』アンプということなんです!



僕はAOR、fusion(Jazz)、女性ボーカルをメインで聴くので音にスピード感とタイト感(解像度+分離感も重視)を求めます。加えて女性ボーカルを聴く際にはアナログ的な音のまろやかさと芳醇さを求めてしまう。この両立はなかなか難しいのですが『MH audio』システムはいとも簡単に応えてくれるから驚きでなのです♪


僕のシステム構成(写真)だと20万円超えではありますが、代表の星野さんが開発から組み立てまでの全てをお一人&ハンドメイドで行っている事を考えたら決して高くは無いと思ってます。(ピュアオーディオはアンプとスピーカーで簡単に100万を超えていく世界なので(-。-;)


星野さんの製品に対する強い信念(=素材一つ一つ+ディテールにまで徹底的に拘り)は既に『モノ』としての魅力(付加価値)が深く内在しています。


それは、カメラの『ライカ M3』をオブジェ的に愛でたくなる(飾って眺めたい)のと同じ気持ちさせる製品だということ

AA075718-D504-4C20-8B7E-B229487684FA.jpeg

まさに、聴いてよし! 見てよし! 触れてよし!の3拍子揃い踏み


今の僕のライフスタイルに求めるワードは『シンプルに美しく』


MHaudioの製品はそんな僕の感性にベストマッチなのです( ˶ˆ꒳ˆ˵ )


良質のサウンドをミニマルでスタイリッシュに楽しみたい方には、おすすめするしかないですね!

コメント(0) 
共通テーマ:音楽

日々の泡沫を綴っていきます [うたかた~雑感]

この『オカリナ・スタイル』blogですが、日々の泡沫を綴るライフノートとして継続していくことにしました。

「オカリナ」への思いもまた、語るかもしれません。

カテゴリーに拘らず、広い視点で綴っていきますので、宜しくお願いします。


コメント(0) 

火山系オカリナの停滞に思う [工房系オカリナ]

僕がオカリナという楽器に出会ってから15年ほど経つが、工房系のオカリナは凄まじく進化を遂げたと思っている

構造的な問題で音が出ない個体は今は殆ど無いと言って良いだろう


多くの工房は「吹きやすさと、音色&響きのバランス」を上手くとっていると思う


また、新興の工房は後発なりの深い研究が為されており、先進的でグッドバランスなオカリナをプロダクトしてくれている


そういった意味ではオカリナの未来は決して暗いものでは無い


安定感があり、老若男女が吹きやすいオカリナは間違いなく増えてきた


僕が憂慮しているのは、オカリナの歴史を作り上げてきた火山直系工房とアケタの停滞である


「オカリナの原点を踏襲」するという使命とプライドが進化することを拒んでしまったのかも知れない


「オカリナ本来の音色と響きを守る」という行為は、時代の変化とは逆行することでもある


結果的に「難解なオカリナ、吹きにくいオカリナ」というレッテルが貼られてしまっている


残念ながら「火山系オカリナ」の「響きの特性」をしっかりと引き出して演奏できる方が激減してしまっている状況だ


また「火山系オカリナ」をメインで演奏するプレーヤーは無いに等しい


確かに「火山系」は初心者では操るのが難しい


それでも個人的には、いやオカリナ界として「守らなければならない音色と響き」なのだ


オカリナファンが「古くて新しいオカリナの価値観」に気づいて頂けることを願っている

コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | -
ルミガン
ラシックス

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。